'."\n" ?> 家庭用フラッシュ脱毛器 おすすめランキング

家庭用フラッシュ脱毛器 おすすめランキング



家庭用フラッシュ脱毛器 おすすめランキング

使いやすさ・効果・確実性でセンスエピがリード!
光スキンケア機能が欲しいならイーモリジュ
コストで考えるならイーモがおすすめ

1位 センスエピ

フラッシュ脱毛器ならセンスエピがオススメ

フラッシュ脱毛器は、どうしてもレーザー脱毛器に比べると効果は落ちるのですが、ブログのクチコミではセンスエピの効果は上々。
公式ページの説明を見る限り、使いやすさでもイーモよりずっと上です。
ランニングコストが少々高いものの、本体の値段がおさえられているので、イーモに比べてそこまでコストがかかるというほどでもありません。
イーモリジュとの比較は現状では難しいですが、高い買い物なので確実さを求めるならセンスエピで。



2位 イーモリジュ

光スキンケアもしたいならイーモリジュ

イーモリジュは、出力はイーモより上がり、ランニングコストはイーモより安く、処理スピードは早いと、なかなか優秀な脱毛器です。
イーモの新機種なので比較対象がどうしてもイーモになるのと、新製品なので体験談が無く、どれだけ効果が上がってるかがわからないのが難点。
ウリの1つとして、カートリッジ変更で光スキンケアが可能で、シミや毛穴の改善にも使えます。
現状では体験談が多く確実なセンスエピを1位にしていますが、効果の程が見えてくれば、イーモリジュが1位になる可能性もあります。



3位 イーモ

コストで考えるならイーモ

公称ではセンスエピはカートリッジ1つ5000円で750発。
イーモは、カートリッジ1つ1万円で6000発。
計算するとランニングコストの差は圧倒的に見えるのですが、6000発撃てるかどうかは出力次第です。
実際は6000発より劣るので、公称ほどの差は出ないでしょう。
それでも、センスエピと比べるとランニングコストが安いのは事実。
ただ、問題の脱毛効果はセンスエピのほうが上の印象。



4位 シルキン

とにかくコストが高くつくシルキン

上記3機種は比較的新しい機種です。
シルキンはそれより前に出た機種だけあって、やはり上記3機種より劣る印象。
何より問題なのは、コストがとにかく高くつくこと。
ランニングコストはセンスエピよりずっと高くなりますし、本体は12万円以上します。
昔はそれでもよかったのですが、センスエピとイーモの登場と、トリアの大幅な値下げで大きく状況が変わっています。
今の時点でシルキンを買う必要はないでしょう。



フラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器の違い

原理的には毛根にダメージを与えて毛を生えなくするということで一緒です。
使用感などの違いをあげますと

・レーザー脱毛器の方が出力が強くて痛い
・フラッシュ脱毛器の方が出力が弱くて痛くない
・必然的にレーザー脱毛器の方がよく効く
・レーザー脱毛器は照射面積が狭かったり重かったりで使いにくい
・フラッシュ脱毛器はとにかくつかいやすい

上記のような違いがあります。

とにかく、家庭用レーザー脱毛器(というか、トリア)は使いづらいのが問題なので、フラッシュ脱毛器はそのあたりの問題を解決しているといえます。
ただし、その分、出力が弱いのが問題。
生えなくなったと思った毛も、ダメージを与えているだけで殺せていないので、使うのをやめたら結局また生えてきた…ということも十分にありえます。
トリアを使ってもその可能性はあるのですが、フラッシュ脱毛器ですと、さらにその可能性が上がると考えていいでしょう。

それでも、使い続けている限りはつるつる肌を維持できますし、使いやすいというのはやはり大きな魅力です。


脱毛器レビュー
家庭用脱毛器を選ぶ際に